YUKI
RURIKAWA
(SHIRO ver.)

瑠璃川 幸(シロver.)|「A3!」フレグランス

【トップノート】
かわいらしい甘さのグリーンアップルから始まります。
ナ行が上手く言えないような、まだあどけなくて幼いシロの、無邪気で自由奔放な姿が目に浮かぶ香りです。
また、レモンやベルガモットなどのシトラスも感じられるので、旅猫のノラから伝説の至宝「にぼし」の話を聞いてキラキラと瞳を輝かせているシロの姿もイメージできます。

【ミドルノート】
プラムやローズといった、しっとりとした甘さが広がることによって、トップノートまでの幼くかわいらしい雰囲気から、徐々に大人びた印象へと変化していきます。
旅の途中、クロと離れ離れになってしまったシロの、「にぼし」をクロにプレゼントしようと一人でも奮闘するような、一生懸命な姿が感じられる香りです。

【ラストノート】
瑞々みずみずしいラズベリーが広がっていきます。
フルーツ特有の甘酸っぱさからは、無事に「にぼし」を手に入れた後、これからもクロに餌を獲ってもらうと屈託なく話すシロの、お茶目な性格が伝わってくるようです。
千秋楽の最後に「…チョロいにゃ」と零した時の、憎めない一面も感じられます。

【全体的な香りの印象】
シロのフレグランスは、幼げでかわいらしい甘さから、次第に凛とした雰囲気へと変化することで、シロの成長を感じることができます。
シロがにぼしをクロにプレゼントしたいと頑張るのと同じように、座長の仕事と衣装の仕事の両方を諦めずに、最後まで主演舞台をやり遂げた幸。
そうして周囲を頼りながら納得のいく結末を迎えた幸が演じる、仲間たちと共に躍進していくシロの姿を、香りで感じてみてください。