Tokiyuki Hojo

北条時行|TVアニメ「逃げ上手の若君」

【トップノート】
みずみずしい甘みをもつペアの、ゆったりとした香り立ちから始まります。
分け隔てなく命を尊び、その素直さで敵将からも学びを得ようとする時行の、優しく穏やかな人柄が思い浮かびます。
しかしグリーン調の澄んだ香りも帯びており、どこか涼やかな印象も持ち合わせています。
稽古事からは逃げてばかりの時行ですが、その立ち居振る舞いに品位があることが伝わってくる、柔らかくも気品ある香りが漂います。

【ミドルノート】
ロータスの静けさをたたえた香りが出てきます。
敵の手をすり抜ける時の目にも留まらぬ俊敏さや、物陰に隠れる時のひっそりとした様子が思い浮かぶ香りです。
一方で、リリーの清らかな香りも立ち昇ります。
逃げ上手の時行ですが、敵の眼前に現れることで注意を引きつけることもあります。そんな大胆な一面を物語る、凛とした香りです。
また明るい雰囲気もあるため、敵将との命をかけた鬼ごっこを楽しんでいるような様子も感じられます。

【ラストノート】
サンダルウッドの落ち着いた香りが漂います。
打倒足利軍を誓った時行の、決して揺るがぬ決意を物語る、深みある香りです。
どんなに逃げ上手でも、ここ一番という正念場からは逃げ出さない勇敢さや、生きる覚悟が伝わってきます。
また、トップノートとは違う、大人びた優雅な甘さも特徴です。
諏訪氏をはじめ、多くの家臣団ひとりひとりを大切にしながら戦うという、時行ならではの大将の資質が感じられます。

【全体的に】
北条時行のフレグランスは、かわいらしい雰囲気をもたらす甘みの中に、確かな品格や決して折れない芯の強さを秘めているのが特徴です。
純粋で飾らない性格で人を惹きつけ、誰にも真似できない“逃げる”という武器で英雄となる時行の、宿命に立ち向かい続けた生き様が思い起こされる香りです。