Yorishige Suwa

諏訪頼重|TVアニメ「逃げ上手の若君」

【トップノート】
ベルガモットの澄んだ香りと、ローズマリーの力強い香りから始まります。
神力が抑えきれず、煌々とした後光を放つ頼重のイメージです。
端正ながらも、ハッとするような存在感を帯びた鮮やかな香りなので、初対面の時行に突然「英雄になる」と告げる頼重の、真剣で真っ直ぐな態度が思い浮かびます。

【ミドルノート】
ローズのしっとりとした香りや、シダーウッドの清々しい印象の香りが広がります。
頼重が、諏訪の現人神あらひとがみとして本当に神力を宿していることが伝わる、威厳に満ちあふれた香りです。
また、ガルバナムのシャープな香りも感じられ、挙兵のための準備を着実に進めるような、したたかな切れ者としての一面が見えてきます。
当時の人々が、軍神として信仰していた人物にふさわしい、品格ある香りです。

【ラストノート】
パチュリの深みある香りが広がります。
真っ直ぐに力強く広がる香りからは、頼重の持つ一途で誠実な忠義心が感じられます。
時行を自らが仕える主君と見なし、最大の敬意を払い彼を献身的に支える頼重の、忠臣としての生き様が思い浮かぶ香りです。
次第に、アンバーの温かみによって力強さが落ち着き、人肌のような温感が出てきます。
常に時行の身の安全を願う、時行の第二の父親のような頼重のイメージです。
頼重から時行への一切裏表のない愛情が伝わってくる、穏やかな香りです。

【全体的に】
諏訪頼重のフレグランスは、こちらに迫りくるような眩い輝きと、そこからの落ち着きや、穏やかな印象への変化が特徴です。
コミカルでエキセントリックな人物のように見えて、その実深い忠誠心や愛情を宿している頼重の、気高さや神々しさが感じられる香りです。