Rimuru Tempest

リムル=テンペスト|TVアニメ「転生したらスライムだった件」フレグランス

【トップノート】
ライムのみずみずしい香りや、リーフグリーンの爽やかな香りから始まります。
スライムの体を思わせる、透明感のある澄んだ香りです。
飾り気のない印象があるため、リムルの気さくな性格や、異世界を楽しむ様子も感じられます。
種族や階級の垣根を越えて、誰にでも分け隔てなく接するリムルの、親しみやすさが伝わってきます。

【ミドルノート】
ジャスミンやマグノリアといった、華やかな甘みが出てきます。
トップノートにあったシトラス調のかすかな渋みや勢いが消えて、凛とした印象の香りになります。
魔王に覚醒したリムル、といったイメージで、見た目からは想像もできない、チート級の能力を持っていることが伝わってきます。

【ラストノート】
ムスクのふんわりとした甘みの中に、ウッディ調の硬い渋みが隠れており、清々しい印象の香りが漂います。
テンペストの住人を心底大切に思っていたり、シズさんとの約束をずっと心に留め、召喚された子供達の安全を確保したりするなど、優しく穏やかな性格のリムル。
一方で、クレイマンやファルムス王国といった敵対する相手には、毅然と立ち向かうこともあります。
そうした、幸福や安寧を望む気持ちと、そのために時には冷徹になるといった、盟主としての気概が感じられる香りです。

【全体的に】
リムル=テンペストのフレグランスは、スライムらしい水気のある香りから、次第に魔王・盟主といった、上に立つ者の覚悟が感じられるのが特徴です。
何でも捕食し、名前を授けては受け入れる懐の深さと同時に、最弱の魔物でありながら際限なく成長するリムルの、可能性の力を感じてみてください。