Benimaru

ベニマル|TVアニメ「転生したらスライムだった件」フレグランス

【トップノート】
オレンジのみずみずしい甘みが、じんわりと広がります。
若々しい印象をもたらす香りですが、そこにローズマリーの渋みが重なることで、落ち着いた印象になります。
若くして侍大将を任されているベニマルの、精悍さが伝わってきます。

【ミドルノート】
ラベンダーやイランイランといった、大人びた甘さが出てきます。
落ち着いた熱感はそのままに、品格が出てくるイメージです。
豚頭族オーク襲来の件を水に流しゲルドと和解したり、アルビス達他国の戦士を尊重しながらも上手く采配したりするなど、大将として有能なベニマル。
そんな彼の、指揮官としての器の大きさや、戦況を見極める冷静さが感じられる香りです。

【ラストノート】
サンダルウッドの静けさの中に、ほんのりパチュリの渋みが隠れています。
普段は冷静沈着で、何事にも動じない落ち着き払った人物ですが、実は強者との闘いを好む闘争心を秘めていることが伝わってきます。
淡々とした中にも力強さがあり、ユーラザニアを訪れた際、魔王カリオンとついつい腕試しをしてしまうような、指揮官になっても抑えきれない戦好きの面が感じられます。

【全体的に】
ベニマルのフレグランスは、若く落ち着きがありながらも力強く熱感のある香りで、自分を律する理性的な面と、本能的な闘志の両方の要素があるのが特徴です。
魔王にすら手が届きそうなほどに強い、テンペストの侍大将ベニマルの、勇ましく頼もしい姿を感じてみてください。