Shuna

シュナ|TVアニメ「転生したらスライムだった件」フレグランス

【トップノート】
華やかなローズの香りから始まります。
気品ある香りからは、シュナが大鬼族オーガの巫女姫だったことが伝わってきます。
一方で、レモンのピュアな甘酸っぱさがほのかに感じられます。
所作のひとつひとつが洗練されている姫でありながら、どこか町娘のような親しみやすい雰囲気も持つシュナを物語ります。

【ミドルノート】
ピオニーやフリージアといった、華やかながらも柔らかい香りが出てきます。
トップノートの気品が少し落ち着いて、優しい印象の香りになることで、リムルに対する、純粋で真っ直ぐな尊敬の念が感じられるようになります。
魔物でありながら神聖魔法を使いこなし、アダルマンを倒すどころか魂を解放までしてしまうシュナの姿が思い浮かびます。

【ラストノート】
ホワイトムスクの清潔感ある香りと、それを覆うようなバニラのゆるやかな甘さが広がります。
リムルやベニマル達を後方から支援してくれるシュナの包容力や、帰りを待つ者の温かみが伝わってきます。
一方で、パウダリックで大人っぽい印象もあるため、ベニマル達も頭が上がらない、しっかり者な一面も感じられます。

【全体的に】
シュナのフレグランスは、お姫様と言われて納得の、かわいらしくも清らかな香りが特徴です。
気立てが良くお淑やかな女の子のイメージと同時に、前線に立っても怯むことがなく、またリムル達の私生活も律するような、真面目で気丈な性格も感じてみてください。